1982年、 座間味地区にある小さなアパートの小さな一室からスタートしたダイブハウス ヤドカリ。

ショップの名前は、成長するたび大きな貝に移っていく”やどかり”を見た創業者の「僕もこの”やどかり”の様に大きくなっていきたいな」という思いが由来となっています。

オープンから36年。。。
2019年より、ダイブハウスヤドカリは創業者から息子へと世代交代をし、阿真地区から座間味地区へと移転して新たなステージへ踏み出します。
父親の思いを引き継ぎながら、これまでの経験を活かして、よりお客様に楽しんでもらえるダイビングショップへと大きく育てていきます。

スタッフ紹介

代表

宮平 勇樹

・NAUI インストラクター
・一級小型船舶操縦士
・潜水士

座間味島生まれ座間味島育ち、生粋の島人。
子どもの頃からずっと、海人(うみんちゅ)をしていた父親やオジィに「座間味の海」を教え込まれて育ち、高校卒業後は県内リゾートホテルに勤務して様々なマリンアクティビティに携わってきました。

座間味島へ帰ってきてからは、創業者である父親の経営するダイブハウス ヤドカリでダイビングインストラクターとして活動。
その後、ダイブハウスヤドカリから離れ、独立して事業を興し、沖縄そば専門店「海畑食堂」・ペンション島stay holoholoの開業を経て、2019年から父親のダイブハウス ヤドカリを継承することになりました。

自分が生まれ育ったこの島で、オジィと父親の背中を見て教わってきたこととこれまで積み重ねてきた経験を掛け合わせて、座間味島へ来てくださるお客さんの旅行を素敵なものに演出していきます。

海に関するグッズを集めるのが好きで、店内にはいろいろなコレクションを飾ってます。

 

ペンション 島stay holoholo 担当

宮平 奈津子

ヤドカリが併設されているペンション「島stay holoholo」の宿泊担当をしています。
北海道札幌の出身で、座間味島へ移住して8年。
大好きなワンコたちと一緒に、島の景色や空気感に癒されながら過ごしてます。

座間味島への旅行中は素敵な時間を過ごしてもらいたいので、おしゃれな空間づくりに、美味しい朝食や夕食の提供をがんばります!

明るい笑顔と元気いっぱいの雰囲気で、お店のムードメーカー的な存在。
英語は話せないけど、海外へのお客様へはポケトーク駆使してしっかりとご案内します。

最近は、夜光貝を使った貝細工に夢中です。
「座間味島」や「海」をいつでも感じてもらえるような完全ハンドメイドのアクセサリーを作って販売しているので、見に来てくださいねー。

 

ダイブハウス ヤドカリ 店長

宮里 清司

・PADI IDCスタッフインストラクター
・二級小型船舶操縦士
・潜水士

沖縄県最大の米軍基地・嘉手納基地のすぐ近く、沖縄市生まれ。
中学生の頃から、父親の出身地である座間味島の海で潜り続けてきました。
大人になって座間味島でダイビングガイドをしていましたが、いろいろあって(笑)、レジャーダイビング業界から引退しました。
そして、何の縁か海の無い滋賀県に移り住み、ふとしたきっかけで警察官となり、機動隊の潜水士として琵琶湖を中心に活動していました。
やっぱり「ダイビング」からは離れられなかったです。

そして、「座間味の海」からも離れられなかったです。
警察官を辞めて、座間味の海に帰ってきました。
今は、子供の頃からずっと見続けてきた座間味の海でガイドダイバーとして、そして座間味島在住の地元密着型写真家として活動しています。

柴犬とインコがたまらなく好きで、今はセキセイインコのたまさんと暮らしてます。
海外のお客さんへは、カタカナ発音のカタコト英語をツールに奮闘しますっ(笑)。

 

事業所名

株式会社Coast view
島stay holoholo / ダイブハウス ヤドカリ

 

所在地・連絡先

〒901-3402
沖縄県島尻郡座間味村座間味124番地 島stay holoholo 1階
TEL / FAX : 098-987-3757
Mail : お問い合わせフォームからご連絡ください。