ダイビングがない日のYADOKARI日記。 〜 タンクはタンク。シリンダーなんてよう言わん(笑)。〜

強い北風もおさまってきて、太陽も出てきた座間味島。
週末のダイビングでこの太陽が欲しかったぁーーー(笑)。

なんてね。

晴れた日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す。
楽しみあるところに楽しみ、楽しみなきところに楽しむ。

これは、小説家・吉川英治さんの言葉。
この言葉、真理をついてますよね〜。

あっ!ど〜も。
文学オジサンせ〜じです。

何を隠そう!
この言葉はワタクシ、店長せ〜じが密かに持っているガイドコンセプトのひとつなんです。

今の現状を愛し、今の状況を楽しむ。
楽しみのないところは、楽しみを作る工夫をする。

どんなコンディションの時でも、自分自身が楽しく遊べるガイドを演出できなきゃお客さんが楽しめるはずがないもんね。

って、、、言うは易しで、ときどきスベったりする道半ばなのですが(笑)。
それが出来るとさらに高い視点、楽しんでもらえる視点からガイドが見えてくるのだと思う。
まず、今を愛し、今を楽しみましょ。

 

今日のYADOKARI♪

そんな今日は、朝からタンクと向き合う1日。
天気もいいし、チカラ仕事すると暑くなるよねー。
ゆっくりと時間をかけてタンクのエア抜きをして、、、、空っぽの状態にしてからフェリーに載せて本島へと送ります。

そう。これから5年に一度の耐圧検査を受けるのです。
無事に検査を終えて帰ってくるんやでー。

そんなわけで!
明日からしばらくの間、YADOKARIのダイビングはスチールタンクではなくアルミタンクを使用します!スチール派の皆さん、ゴメンやで〜♪