来るぞ台風、備えは良いか。 〜 沖縄県民が伝えたいガチの台風対策。〜

今日は晴れたり曇ったりしている座間味島。

日中はけっこう暑いんですが、日が落ちて夜になると、かなり涼しくなります。
空にはサシバかな?小型の猛禽類も群れをなして飛んでる姿が見られるし、もうすっかり秋の気配がやってきてますね〜。

あっ、ど〜も。
秋になると季節の移ろいを語りたがるカッコつけせ〜じです。

って、そんなコト誰も興味ないですよね、、、
今日はちょっと流れを変えて、いつもの海トークではなく台風ネタにいきますね〜。

 

来るぞ台風、備えは良いか。

昨日まで915hPaもの勢力を保っていた「猛烈な」台風19号。
着々と本州へと接近していますね〜。

気象庁HPより引用。

本州へと接近する明日には945hPaへと少し勢力が弱まりますが、それでも本州の方にとっては滅多にない強い勢力。「猛烈な」と言われる台風は、台風に慣れてるボクらでさえもガチで警戒するレベルです。

関西から東海、関東、福島あたりまでのみなさん油断せずにバッチリの備えで台風対策をしてくださいね~。と言っても、台風自体に慣れていないから何をどこまでやったらいいのかヨクワカラナイ方もいるかと思いますので、、、

沖縄の離島に住むボクらがやっているガチの台風対策・備えをちょっとまとめてみたので参考にしてください。

停電の対策

・スマホや携帯は常に充電コードにつなげておいてください。モバイルバッテリーはもちろん、ノートパソコンも停電時のスマホ電源として使えますよー。

・懐中電灯やろうそくを分かりやすい場所に置いといてください。タバコを吸う人がいない家庭はライターやチャッカマンがないことが多いのでそれを忘れずにちゃんと使えるかも確認してください。予備の乾電池も忘れずにー。

・2リットルペットボトル数本に水を入れて冷凍しておいてください。
停電した時に冷蔵庫の中で保冷剤として役に立ちます。もちろん冷蔵庫にある傷みやすい食材などは物は早めに食べて消費しておきましょ。

・停電でも食べられるような食料(パンやインスタント食品、缶詰など)の買い出し大事です。特にミネラルウォーターは多めに備えておくと安心です。

・カセットコンロがある家庭は、予備のガスボンベも準備しててください。

・浴槽に水を貯めといてください。マンションなどの設備によっては停電でポンプが止まるなど水道のシステムが使えなくなることもあります。そんな万が一の断水時にトイレを流したりするのに使えます。

 

屋外や屋内の対策

・ベランダにある物干し竿や植木鉢などは室内へとり入れてください。ベランダに洗濯機がある家庭は、水を溜めて蓋をガムテープで固定してください。

・ベランダの排水溝はゴミを取りのぞいてキレイに掃除してください。落ち葉やゴミなどで排水溝が詰まるとベランダが冠水することもありますよー。

・雨戸はもちろん閉めますが、雨戸のない窓は窓ガラスをガムテープで「米」の字のように貼って補強してください。強風で飛んできた物が当たった際に、割れたガラスが飛び散るのを軽減してくれます。
Twitterで参考になる動画があったので見てみてください。

・窓ガラスの溝に新聞紙を詰めておいてください。暴風雨が直撃するとサッシの下から雨水が吹き出してくることがあります。

・車は可能であれば駐車場の壁などに近づけて停めておくといいです。
特に軽バンや軽トラは暴風に煽られると簡単に動くので、ガソリンを満タンにしたり、荷物乗せておくなどして重くしておくと安心です。

・駐輪場にある自転車やバイクは固定しましょ。可能であれば、自転車は屋内に入れておくと安心です。

 

意外と知られていない台風接近時の盲点(?)

そして、、、

なによりも大切なのは、「不要不急の外出」は本当に避けてください。

のっぴきならない事情で外出しないといけない時は、絶対に傘をささないでくださいねー。
コレ、ホント危ないです。

 

以上、台風に慣れているウチナ〜ンチュがやっているガチの台風対策でした〜。
千葉県の方、それ以外の地域の方も、大きな被害なく通り過ぎますように、、、