マニアックなハゼから有名なアオウミガメまで。 〜 今日ものんびり撮影ダイブ。〜

座間味島は今日もまた天気良き!
内海も穏やかなコンディションが続いているし、今日も絶好のダイビング日和でした。

そうそう。明日は二十四節気の「寒露」ですね。
「寒露」について、ちょいとネットでググってみたので紹介しましょうね〜。

寒露とは、晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のこと。 

秋の長雨が終わり、本格的な秋の始まりになります。この頃になると五穀の収穫もたけなわで、農家では繁忙を極めます。

露が冷たい空気と接し、霜に変わる直前で、紅葉が濃くなり、燕などの夏鳥と雁などの冬鳥が交代される時期でもあります。

この頃は、大気の状態が安定して空気が澄んだ秋晴れの日が多くなります。夜には月も美しく輝いて見えます。寒露の頃になったら、空を見上げてみてはいかがでしょう。これまでと違った、秋の清々しさと趣を感じる空に出会えるはずです。

どうりで、明け方は涼しくなってくるわけだ。
季節の変わり目、風邪とか気をつけていきましょ。

そんなわけで、今日の海トークへいきますね〜。

 

今日の海〜♪

昨日に引き続き、今日もお客さんのほとんどがカメラを持っていた撮影ダイブDAY。
マクロ好きな方に合わせながら、そうでない方も楽しんでもらえるようにゆっくりじっくり潜ってきました。

って、、、、
この天気と透明度だから、海中の景色を見てるだけでも癒されますよね〜。

はい。
こんな素敵な透明度でも、またまた「ハゼ」探しに意識がいってしまいます(笑)。
トゲサンゴの中に隠れているアカネダルマハゼ。
キレイな黄色で、ヒゲモジャで、かわいいんすよね〜。

そして、ヒラヒラ泳ぐ姿が「羽衣」を連想させるクサハゼさん。
肉眼で見るとほぼ白色に見えるんですが、、、、
ストロボをキレイに当ててあげるとなんとも美しい色合いを見せてくれるオシャレさんです。

隠れた人気者・ハタタテシノビハゼに、、、、
数年前に、新種として正式に和名がついたアオヒゲシノビハゼ。
ちょっとこの写真はイマイチですが(笑)、これまたキレイにストロボを当ててあげると「青いヒゲ」のような模様を見せてくれるオシャレさん。
シノビハゼの仲間って、パッと見は地味〜だしスルーされる(する)ことが多いんですが、撮ってみると意外とキレイだったりしますよ〜。

おぉ、、、
ちょっとマニアック路線に走りすぎてしまいました、、、

もちろん、安定の人気者アオウミガメもゆっくりじっくり撮っていただきました。
さてさて、、、潜りつつけていた日々も今日でひと段落。
週末まではダイビングのない海無しDAYなのでちょっとお休みしましょうね〜♪

、、、と言いたいところですが、台風19号が気になりますね〜。
当初の沖縄直撃コースから、少しずつ東寄りの進路へと予報が変わってきています。
もしかしたら、太平洋を素通りしながら北上して本州に直撃するかもしれません、、、

四国〜近畿、東海、関東のみなさん、台風情報をチェックしながら台風対策の準備だけでもしててくださいね〜。

 

今日の海情報。

日中の気温は29℃で、水温は27℃でした。
昨日までよりもなんとなく暖かい、、、

とはいえ、やっぱり3mmウェットスーツは必須ですよ〜。