座間味村にコロナウイルスを持ち込んではいけない6つの理由。 〜海切れ症候群への処方箋・14日目。〜

今日もスカっと晴れてる座間味島。
日差しもあってけっこう暖かい1日になりました〜。

そんな今日も、島の景色をちょいとお裾分けしましょうね。

昼下がりにビーチでゴロンと昼寝をしているイメージでお楽しみいただけましたでしょうか?
ほっこりしたところで、今日はちょいと真面目なお話を、、、

 

座間味村にコロナウイルスを持ち込んではいけない6つの理由。

昨夜、政府の発令した緊急事態宣言の対象地域が7都府県から全国へと拡大されましたねー。
ここ座間味村では、まだ新型コロナウイルスの感染は確認されていませんが、沖縄県では感染拡大がそれなりの勢いで進んできています。

これを受け、座間味村から新たな「お知らせ」が発表されたので、ここで共有しておきますね。

この1ヶ月の間、日に日に状況が変わっていきましたね、、、。
3月の初め頃にはまったく知られていなかった「無症状感染者の脅威」というものが知られ、今ではその脅威が大きなものとなって感染拡大を急加速的に進めていったことを考えると、今は本当に「観光」や「旅行」は控えなければいけないなと思います。

「コロナ避難」なんてものは論外として、、、。

小さな離島の医療体制はわずかなものでしかないので、「島にウイルス持ち込まない」という意識を持つことは大事です。
それでも「旅行に行くんや!」「自己責任やからええやろ!」なんて思っている方が、もし、いるのなら、その方は「旅行中にコロナウイルスへの感染が発症してしまったときに自分にかかってくるリスク」をしっかり考えてみることの方が大事なのかもしれませんねー。

さて、、、
ちょいとマジメな話をしたところで、いつものヤツいきましょ。

海切れ症候群への処方箋・14日目。


ダイブハウスYADOKARI、そして店長せ〜じは「#おうちでケラマブルー」というハッシュタグをつけて、各SNSに座間味島の空気感や海の景色を楽しんでもらえるよう毎日投稿をしています。
SNSをされていない方のために、その投稿をこのブログで共有しています。

旅行に行くことができない今、せめてスマホやパソコンの中で楽しんでいただけると幸いです。