YADOKARIより、営業再開に向けてのお知らせです! 〜 海切れ症候群への処方箋・49日目。〜

今日は朝からしっかり雨が降り続いている座間味島。
風もけっこう強く吹き抜けていて、フェリーざまみは折り返しの繰り上げ運航となり、ビーチは遊泳禁止になっていました。

梅雨前線、活発に頑張ってますね〜。
そんな今朝の景色をどうぞ。

 

DIVEHOUSE YADOKARI 営業再開についてのお知らせ。

関西地方の緊急事態宣言が先日解除となり、残る首都圏や北海道についても近日中の解除について検討に入ったというニュースは、昨日のブログでも触れました。

そして、本日、座間味村から、感染拡大防止策を充分にとった上で

6月1日より座間味村への船便運航を通常通りに戻す。
不要不急の渡航自粛を解除し、観光客の受け入れも再開する。

旨の発表がありました。

これを受け、当店の営業自粛期間は現在の予定通り5月31日までとして6月1日より営業を再開いたします!

とは言え、新型コロナウイルスの感染についてはまだまだ注意をしていく必要があるため、現在、感染リスクを抑えるためのダイビングツアー実施に関する当店のガイドラインを作成しています。
明日・明後日には当店のSNSおよびホームページにて案内させていただきますね。

予約をしてくださっているお客様にも新たなお願いをすることが出てくると思いますので、ご協力をお願いいたします。

 

クイーンざまみ・フェリーざまみの予約は確実に!

もうひとつ、大事なお知らせです。

先ほどの座間味村からの発表の中で、

「当面、フェリーざまみ・クイーンざまみの乗船者を従来の半分にすることで、乗船による感染リスクを抑える」

とありました。
そのため、予約なしの飛び込み乗船の場合、これまで以上に乗船できないことが予想されます。

座間味島への旅行を計画される際は、船便の予約を確実に取っておくことを強くお勧めします。

 

というわけで、、、
ゴールも見えてきましたが、今日もいつものヤツいきましょ。

 

海切れ症候群への処方箋・49日目。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🐚 政府発令の緊急事態宣言の一部地域を除く解除を受け、本日、座間味村からも渡航自粛要請が6月1日から解除されると発表がありました。 そのため、ダイブハウスYADOKARIの休業期間は予定通り5月31日までとし、6月1日より営業再開といたします。 現在、感染リスクを抑えるためのダイビングツアー開催に向けたガイドラインを作成しておりますので、近日中に公開いたします。 そんなわけで、、、 海切れ症候群にならないように、今日は「巨大なヒラムシ発見!なひとコマ」を置いときますね。 #おうちでケラマブルー #島旅 #ダイブハウスyadokari #沖縄 #座間味 #zamami #ケラマブルー #世界が恋する海 #海 #okinawa #beach #ダイビング #ビーチ #diving #座間味島 #慶良間諸島 #シュノーケリング #シュノーケル #zamamiisland #tg5 #Canon #powershotg7 #写真で座間味気分 #お家で座間味

DIVEHOUSE YADOKARI(@zamami_yadokari)がシェアした投稿 –