自然光撮影とストロボ撮影を比較してみた。 〜 自然光撮影に最適な水深は何m?〜

今日も青空が広がる座間味島。
ただ、雲がかなり増えてきましたね〜。

ここ最近、晴れた夏日が続いていましたが、今週末には天気が下り坂となる予報です。

あっ!島の中ではアカショウビンの鳴き声が響き始めてますよ。
ちょっと聞いてみてください♪

アカショウビンの鳴き声ってホントにキレイでずっと聞いていたくなりますよね〜。
さてさて、今日の海トークへいきましょう!

 

今日の海〜♪

今日はPADIアドバンスオープンウォーター講習の開催でした。

3月末にこの予約をお受けした直後に、国内での爆発的な感染拡大、緊急事態宣言の発令、営業自粛、と状況が一気に変わっていってしまい、2ヶ月越しでの講習開催になってしまいました〜。

そんな今日の写真は、この1枚。
ディープダイビング講習中に撮影した「水深20mで比較する自然光撮影とストロボ撮影」。
改めて比較すると、ストロボってホント大事だなぁと思いますね(笑)。

ちなみに、水深6mでの自然光撮影だと、、、
リュウキュウイソバナの色がキレイに出てます♪
自然光での撮影は水深6m前後がお勧めですよ〜。

、、、と言うわけで!
週末の明日はアドバンス講習はお休みして(笑)、ガッツリフォト派ダイバーさんとの撮影ダイブへ行ってきます!

 

今日の海情報。

日中の気温は29℃ちょいで、水温は26℃でした。
3mmウェットスーツで快適に潜れると思いますが、寒がりな方は5mmウェットだと安心かなぁ。

日差しも強くなってきているので、ラッシュガードやラッシュパーカーなどの日焼け対策も忘れずに♪