これからよろしくお願いします!

これまでダイブハウスヤドカリでダイビングを楽しんでくださっていた方々。
そして、初めてこのサイトを訪れたみなさん。
初めまして。
今年からダイブハウスヤドカリの店長となりました宮里 清司(みやざと せいじ)です。
もう知っている方も多いと思いますが、、、
座間味島の阿真地区で営業をしている「ダイブハウスヤドカリ」は、オープンから36年目となる2019年に、ダイビングに関する事業を創業者・宮平 秀和から長男の勇樹へと継承して、座間味地区へと移転しました。
あっ!阿真の民宿ヤドカリは、これまでと変わらず元気に営業を続けてますよー。

民宿ヤドカリ、ダイブハウスヤドカリともに、これからもよろしくお願いします!!

ボクらが目指していくダイブハウスヤドカリ

2代目後継者で代表の勇樹さんは、生まれも育ちも座間味島。
ボクは父親が座間味島の出身で、子供の頃は夏休み中ずっとこの島に遊びに来てました。勇樹さんとはこの頃からの付き合いです。そして社会人になって座間味島で暮らし始めました。

2人とも20年以上前からこの海でダイビングのガイドをし、一度はダイビング業界を離れ、そして復帰してきた経験があり、島の2代目としてたくさんのすったもんだがあって、、、

あっ!これは書き始めると小説になるくらい長くなるので(笑)、興味がある方はまた何かの機会があるときに聞いてくださいねー。

そんな2人で、ダイブハウスヤドカリをやっていきます。

座間味の海を心から楽しんで、日常の疲れを癒して、旅の思い出を作って、、、
遊びに来てくれた方にただダイビングを提供するのではなく、ダイビングを通していろいろな体験を提供することを視野に入れて、しっかりやっていきますね。

そんなボクらをよろしくお願いします!!